スケジュールの共有 Googleカレンダー

Googleカレンダーによるスケジュールの共有についてです。

 

自分のGoogleアカウントが確認できたら、Googleカレンダーを開いてみてください。

Googleアカウント名のついた自分用のカレンダーが作成されているはずです。

この自分用のカレンダーに予定を入力することによって、自分のスマフォとGoogleカレンダーが同期され、スマフォにスケジュールが反映されるわけです。

 

ゴルフ仲間や野球チームメンバー等の友人・知人、家族、会社でのプロジェクトチーム、自分の所属している団体等でのスケジュールも反映させたい時はどうすればよいと思いますか?

 

一番単純なのは、それぞれの予定を自分のカレンダーに入力することですが、日程の変更や時間の変更があった場合に、メンバーそれぞれに電話で連絡を取ったりメールしたりして、個々に予定表を変更するのは面倒ですよね。

 

そこで役に立つのが、Googleカレンダーの共有機能です。

 

共有のパターンは方法の組み合せによって幾通りにも設定できるので、今回はIT父さんが実際にやっている方法を紹介します。

 

あとはご自分でGoogleカレンダーの機能を調べて、アレンジして有効にご利用ください。

 

まず、大前提として、自分のGoogleアカウント名のカレンダーを共有するのかどうかを決めてください。

 

自分の本当にプライベートな(公開したくない)スケジュールを別の管理方法で行っているのであれば、共有しても問題ないと思いますが、私は別のカレンダーを作成してそちらを共有することをお勧めします。

 

別の新しいカレンダーを作成するときは、Googleカレンダーの画面のマイカレンダーのところにある「追加」をクリックして、カレンダー名等を入力し、「カレンダーの作成」をクリックしてください。

 

そうすると、Googleアカウント名のカレンダーの他に、新たに作成したカレンダーがマイカレンダーに追加されているはずです。

 

マイカレンダーで共有したいカレンダーの存在を確認したら、「設定」をクリックします。

 

「カレンダー設定」の画面に移ったところで、共有したいカレンダー名の行の「共有・設定の編集」をクリックします。

 

そして「特定のユーザーと共有」のところで、共有したい相手のGoogleアカウント用のメアドを入力し、権限の設定を行います。

権限とは閲覧のみなのか、予定の編集もさせるのかということです。

 

共有相手を設定したら、「保存」します。

 

こうすることによって、指定した共有相手のGoogleカレンダーに共有カレンダーが追加されます。

一度お試しください。

 

しかし、Googleアカウントを持っていない人とスケジュールを共有したい場合や、野球やサッカーみたいに人数が多いときは、どうすればよいか。

 

次回はその辺について説明します。

 

コメントは受け付けていません。