GSを起点とした渋滞

昨日までR246の渋滞はすごかった。

 

渋滞を通り過ぎるとわかるのが、その渋滞はガソリンスタンドを起点としていること。ガソリンスタンドの入店待ちの車両が何十メートルも続いているためだ。

 

信号をまたいで並んでいるところもある。

だからGS目的ではなく左折をしたい車にも影響が出ている。

 

ところが、今朝のR246はガラガラとは言えないまでも空いていた。

 

それでもGS前は多少の渋滞はしている。が、基本的にはスイスイだった。

 

原因はわからない。

 

ガソリン不足で車両の数量が減ったのか、会社が休業で車が減ったのか。

 

何れにしても、節電だけではなく、ガソリンも節約しなければならない。

コメントは受け付けていません。