8/13から8/17の期間にWindowsUpdateを行った方は注意!!

TechNetの情報です。

【リリース後に確認された問題】2014年8月13日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある

これらの更新プログラムをインストール後、特に問題が発生していないコンピューターでも、予防的処置のために、これらの更新プログラムをアンインストールすることを推奨します。

(2014/8/18 追記)現在、Windows Update / Microsoft Update / 自動更新 / Windows Intune 経由でのこれらの更新プログラムの配信は停止しています。

上記のように、2014年8月のWindowsUpdateには不具合があり、最悪の場合、パソコンが異常終了し、再起動後にも同じエラーで異常終了し立ち上がらなくなる場合もあるという情報があります。
Microsoftは現在問題が無くても対象の更新プログラムをアンインストールすることを推奨しています。

まずはTechNetの記事を紹介します。画像クリックでTechNetに移動します。

TechNet スクリーンショット

TechNet スクリーンショット

次はMicrosoftのサポートページです。画像クリックでMicrosoftのサポートページに移動します。

Microsfot スクリーンショット

Microsoft スクリーンショット

対象は4つの更新プログラム

上記の各ページを見ていただければわかると思いますが、今回の対象は

  • KB2982791:[MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014年8月12日)
  • KB2970228:Windows でロシア ルーブルの新しい通貨記号をサポートするための更新プログラム
  • KB2975719:2014年8月公開の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ
  • KB2975331:2014年8月公開の Windows RT、Windows 8、および Windows Server 2012 の更新プログラムのロールアップ

の4つです。

自動更新だったら実質は KB2982791 のみ?

弊社の複数台のマシンでは、自動更新でインストールされていたのは、KB2982791 だけでした。

KB2970228 は、ロシア ルーブルの新しい通貨記号をサポートするため ということですから、弊社のマシンでは見当たりませんでした。

KB2975719 は、オプションで選択するようになっていたので、自動更新の場合はインストールされていないと思います。
KB2975331 は、Windows8、WindowsRTが対象なので、8.1、RT8.1 のマシンには表示されないと思います。
8.1、RT のマシンは、その逆パターンですね。

弊社の場合は、KB2975719 をオプションで指定してWindowsUpdateを行っていましたので、対象は2つでした。

アンインストールのやりかた

Windows8.1 を例として説明します。

まずは、「コントロールパネル」-「プログラムと機能」を選択します。

「プログラムと機能」が表示されたら、左上部にある、「インストールされた更新プログラム」を選択します。

すると「更新プログラムのアンインストール」の画面が表示されますので、Microsoft Windows のブロックを見つけます。
通常は日付順なので、新しいものが上に表示されているはずです。

その中から、先述の対象更新プログラムを探します。

20140821_WindowsUpdate-01

対象の更新プログラムが見つかったらクリックします。

確認画面になったら、「はい」でアンインストールを実行します。

この時、対象が複数あった場合は、「今すぐ再起動」を選ばずに、「後で再起動」を選択し、全てアンインストールできたら、「再起動」を選びましょう。

なぜなら、一回一回再起動して、問題の現象が発生してしまったらイヤですから、全部アンインストールしてから、再起動が良いと思います。

8月18日以降のWindowsUpdateでは、問題ない。

8月18日には、問題の更新プログラムは除外されているそうです。

実際に弊社のマシンで、8月18日 10:30 にWindowsUpdate したものには、上記の更新プログラムは適用されていませんでした。

 

是非ご自分のマシンを確認してください。


コメントは受け付けていません。