WordPress:[Contact Form 7] reCAPTCHAを使うように変更。ついでにPostman SMTPにも変更。

追加のプラグインは必要無し

このサイトでも採用している メールフォームプラグイン「Contact Form 7」がバージョンアップ毎に機能がUPしています。

ちょっと「Contact Form 7」の設定で確認したいことがあったので、プラグインのサイトで「reCAPTCHA」についての記述があったので、思い切って採用しました。

同じ作者の方の「Really Simple CAPTCHA」を別のサイトで使用していたのですが、スマホの時にちょっと・・・と思っていたのでちょうどよい機会でした。

「reCAPTCHA」については、ググっていただければたくさん出てくるので、このサイトでは簡単に設定方法を説明します。

設定するには、ダッシュボードの「お問い合わせ(Contact Form 7用」から「インテグレーション」を選びます。
あとは、Googleの「reCAPTCHA」からゲットした、サイトキーとシークレットキーをコピペするだけ。
その後メールフォームの編集画面で [recaptcha] とタグを追加するだけです。

オプションで明るさやサイズを選択できるようになってます。
このサイトではノーマルサイズに設定しました。

 

こんな感じで表示されます

reCAPTCHA-01-crop

 

 

「私はロボットではありません」の横の□をクリックすると、

reCAPTCHA-02-crop

このような画面が表示され、該当する画像をクリックして確認します。

 

スマホでも試しましたが、タップするだけでいいので文字入力よりは断然楽です。

 

 

Contact Form 7 add confirm だと送信時にエラーに・・・

テスト送信しようと思ったら、送信エラーです。エラーはオレンジ枠。

オレンジ枠はSPAM認定というエラーです。

いろいろ試してみたところ、この投稿時点では Contact Form 7 add confirm を停止したところ、エラーが出なくなりました。

バージョンアップされるといいですね。

 

WP-Mail-SMTP から Postman SMTP に変更

ついでなので、メールをSMTPで送信するプラグインを WP-Mail-SMTP から Postman SMTP に変更しました。

今までは WP-Mail-SMTP信者だったのですが、今回送信エラーの原因を探していて、プラグインを変えてみよう!と思い、 Postman SMTP をインストールして使ってみたところ、結果こっちの方に変えることにしました。

有効化して設定しようとすると、WP-Mail-SMTPの設定を自動的に取り込んでくれるオプションが表示されます。
それを選択したら、楽でした。

変えた理由は、Postman SMTP にはログが残るからです。

ログは定期的に消さないと、データベース容量が増える一方になると思うので気をつないといけませんが、ログが見られるのは便利ですね。

 

 

コメントは受け付けていません。