【Windows10】2016年9月 WindowsUpdate不具合 「KB3189866」手動でインストールしました

前回報告したように、Windows10 の2016年9月 WindowsUpdate で「KB3189866」が止まったまま動かない状況ですが、結局手動でインストールしました。

経緯

kb3189866

1.本日9時過ぎに WindowsUpdateを行うも、「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」でダウンロードが49%の途中で止まってしまう。

 

kb3189866-2 2.そのまま放置していたら、4時間過ぎの13:10頃に画面が変化。ところが「インストールの準備」の33%で止まる。

 

kb3189866-3

3.気が付いたらエラーで終了。

 

kb3189866-4

4.「再試行」したらまたダウンロードが始まり、今度は45%で止まる。
約3時間経過。

 

あきらめて、手動でインストールすることに決意!

「Microsoft KB318986」で検索して、「Cumulative update for Windows 10 Version 1607: September 13, 2016」というページを表示。

文中の「Microsoft Update Catalog」をクリックして作業を開始

手動インストール手順

「Internet Explorer」じゃないとダメみたいなので注意。

「Microsoft Update Catalog」を表示。URLは下記
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Install.aspx?q=KB3189866&referringpage=Search.aspx

microsoftupdatecatalog-01

インストールを求められるので、インストール。

 

microsoftupdatecatalog-02

これは当然「はい」を選択。

 

microsoftupdatecatalog-03 「KB3189866」の情報が表示される。
自分に適したものを選択して「追加」。
私の場合は、「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」

 

microsoftupdatecatalog-04

画面右上の「バスケットの表示」の数値が(1)に変わるので、そこをクリック。

 

microsoftupdatecatalog-05 内容を確認して「ダウンロード」。

 

microsoftupdatecatalog-06

保存場所の選択画面になるので、「参照」をクリック。

 

microsoftupdatecatalog-07

実行許可の確認をされるので「はい」を選択。

 

microsoftupdatecatalog-08

保存場所を確認して「続行」。

 

microsoftupdatecatalog-09

ダウンロードが始まるので、完了を確認して「閉じる」。

 

microsoftupdatecatalog-10 保存場所(今回は「ダウンロード」)をみると、Cumulative Update for Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems (KB3189866) というフォルダが出来ている。
実行ファイルではない。

 

microsoftupdatecatalog-11

フォルダを開いてみると、 AMD64-all-windows10.0-kb3189866-x64_2c3e91a8162269579c8bf26a502c620d41efef0d.msu というファイルがあるので、これを実行する。

 

するとインストールが始まるので、おとなしく完了を待つ。

インストールが完了すると再起動が必要なので、再起動。

再び、WindowsUpdate を行い、他の対象アップデートを適用する。

「更新の履歴」は下記のようになり、無事完了。

kb3189866-end

 

Windows7やWindows8のWindowsUpdateは適用する項目を選べたが、Windows10では無条件に適用されてしまう。
それで今回のような不具合ではどうにもならない。

以前のように、項目を選択できるようになれば今回もどうにかなったのに・・・
これって「改悪」じゃないの?

 

コメントは受け付けていません。