デュアルブート作業詳細報告

依頼されていたデュアルブートインストール作業が基本的な部分は終了したのでその経緯と結果を報告します。

今回は画像なしです。

 

今回依頼されたマシンはのスペックは下記の通り

マシン : Dospara 「Prime Note Galleria VF2」
OS : Windows 7 Professional (64bit)
チップセット : Intel HM65 Express
HDD : 500Gb (第1区画 System:100Mb ・ 第2区画 Windows7:465.6Gb)

 

  • 事前準備
    作業を行う前に事前準備として、Windows XP のSP3適用済起動可能DVDの作成を行った。
    今回は、「Winsows XP Proアップグレード(SP適用無)」の製品版をお持ちだったので、そのメディアから制作。
    ライセンスの必要性があるので、この辺は重要である。
    SP適用無からだったので、CD1枚には収まらず、起動可能DVDとした。
  •  

  • Windows7のインストール
    納入されたマシンに電源を入れ、Windows7のインストール。
    プリインストールなので、プロダクトキーの入力と認証を含めて作業時間は2分程度。
    その後、念のため「Windows Update」を実行
    33個のUpdate有。その後も「Windows Update」を対象無まで繰り返し行う。
    作業時間は約40分。
  •  

  • HDDの区画変更
    Windows7のインストールが完了したので、HDDの内の区画を変更。
    1. 第1区画 System : 容量の変更は無。
    2. 第2区画 Windows7 : 容量を150Gbに縮小。
    3. 第3区画 Windows XP用 : 容量を80Gbに新規作成。
    4. 第4区画 共通データ用 : 残り区画全部約240Gbを新規作成。

    ここで、HDDの構成を変更したので、Windows7で再起動。
    正常動作を確認し、ドライブレターを任意に変更。今回は、第4区画を「Dドライブ」、XP用を「Xドライブ」と設定。
    念のため、再起動させ、再度確認。

  •  

  • AHCI関連とXP用ネットワークドライバ及び「EasyBCD」をダウンロード
    IntelのHPからHM65 Express用のAHCI関連をダウンロードし、共通データ用区画「Dドライブ」に保存・展開。
    Intelのダウンロードセンターの検索指定は、「チップセット」・「ラップトップチップセット」・「モバイル インテル 6 シリーズ チップセット」。
    この時の検索結果には、3個しかなく、「F6」関連がが出てこない。嫌な予感がした。
    ここでダウンロードしたのは、
    1. INF Update Utility
    2. インテル・ラピッド・ストレージテクノロジー

    こ「F6」関連がないのは心配なので、「5シリーズ」等他からダウンロードしておいた。

    1. F6インストール用32ビットインテルRSTドライバーファイル(バージョン10.1用)

     

  • 再度HDDの区画変更
    XPインストール用に再度、区画情報を変更。
    1. 第1区画 System : 非アクティブ・非表示に変更。
    2. 第2区画 Windows7 : 非表示に変更
    3. 第3区画 WindowsXp用 : アクティブに変更。
    4. 第4区画 共通データ用 : 何もしない。

     

  • BIOSを「IDE」モードに変更
  •  

  • Windows XP Professional (32bit) の インストール
    「F6」は使用せず、単純にインストール。何の問題もなし。
    作業時間約45分。
  •  

  • 「IDE」モードドライバから「AHCI」ドライバに変更
    ここでちょっとトラブル発生。
    XPインストール直後に、「AHCI」ドライバを「iaAHCI」から「Intel Mobile Express Chipset SATA AHCI」を選んだら、直後にブルースクリーン。
    ????と思い、セーフモードで「直前正常起動」で、再起動し、再度挑戦するも、もたもやブルースクリーン。
    IntelのHPで「F6」が・・・と思ったのので、下記順番に作業内容を変更。
    1. ネットワークドライバの適用。ネットに接続可能にする。
    2. INF Update Utility の実行。
    3. IE6をIE7にUpdate。
    4. 「Windows Update」から「Microsoft Update」にアップグレードし、Update処理を行う。
      これが、メチャクチャ数が多い。やたら時間がかかる。
    5. デバイスマネージャーから、「IDE」ドライバを「ドライバの更新」のところで「互換性・・・」でメディア指定で「F6」の解凍フォルダを指定、
      再度「Intel Mobile Express・・」を指定。
      何も起こらず、適用できたのでシャットダウン。

 

  • BIOSを「AHCI」モードに変更
    正常起動されたら、HDDの情報が変わったので自動的に再起動されます。
    正常動作を確認。

 

  • Windows7用にの区画変更
    Windows7起動用に、区画情報を変更。
    1. 第1区画 System : アクティブ・非表示に変更。
    2. 第2区画 Windows7 : 表示に変更
    3. 第3区画 WindowsXp用 : 非アクティブに変更。
    4. 第4区画 共通データ用 : 何もしない。

 

  • Windows 7 の起動
    前回デュアルブート設定にしたときは、XPの起動動作になってしまったので、WIndows7の修復が必要だったが、今回は問題なくWindows7が起動。

 

  • Windows 7 に「EasyBCD」をインストール、XPを起動に追加
    Windows 7 「EasyBCD」をインストール。XPを追加。

 

  • 「EasyBCD」で動作確認後、完了

 

以上です。
取り急ぎの報告です。
補足があったらまた追加します。

 

コメントは受け付けていません。