Windows10 V1607 に ウイルスバスターの最新版V11をインストールあるいはバージョンアップすると、ブルースクリーンで APC_INDEX_MISMATCH になり起動できなくなった

ウイルスバスタークラウドがバージョンアップされていて、バージョン11になっている。

そこで「無料バージョンアップ」あるいは、「最新版ダウンロード」からダウンロードしてインストールしたらとんでもないことになった。

バージョンアップやインストールは正常に終了するのだけれども、再起動するとブルースクリーンになり
APC_INDEX_MISMATCH
と表示され、Windowsが正常起動しなくなった。

トラブルシューティングの「スタートアップ修復」でも修復されない。

以下、私の行った対応方法とサポートとのやり取りを備忘録として記載。

 

この現象が起きたのは、Windows10 V1607 64bit マシン 3台である。(というかひどい状況なので、3台でやめた)

そのうち1台は、最初からBitLockerで暗号化されている。

セーフモードで起動

BitLockerで暗号化されている場合は、回復キーが必要になるので注意。

ウイルスバスターをツールを使用して削除

セーフモードだとウイルスバスターをアンインストールしようとしても、「セーフモードではできない」みたいな画面が出てきてアンインストール出来ない。

そこでインストールフォルダーからツールを使用してアンインストールする。

64bitマシンなので、Cドライブの
Program Files > Trend Micro > Titanium > SupportTool.exe
を実行し、タブの「(C)アンインストール」から「ソフトウエアのアンインストール」を選ぶ。

そうすると、プロダクトキーが表示されるので忘れずにメモっておく。

再起動

私の場合はこれで正常起動した。

念のため「完全削除ツール」でアンインストール

「完全削除ツール」のダウンロード

変な情報が残るのも嫌なので、必要ないかもしれないけど、ウイルスバスターの「完全削除ツール」をダウンロードして再度アンインストールした。

「ウイルスバスター 完全削除」でググればたどりつけます。

私がダウンロードしたのは、 VB2017_110_win_jp_Tool_Uninstall.exe というバージョンのもの。

再起動

ここでまた再起動。

ウイルスバスター バージョン10をインストール

ウイルスバスター バージョン10のダウンロード

「最新のダウンロード」ではV11になってしまうが、「旧バージョンはコチラ」からダウンロード出来る。

TTi_10.0_HE_64bit.exe

バージョン10のインストールの実行

最新バージョンのインストールをしないように気を付ける

普通にインストールを実行すると、最初に「最新のプログラムのダウンロード」画面で、バージョン11がダウンロードされてしまう。

なので、ダウンロード中にインストール画面右下の「キャンセル」を選択。

ダウンロードのキャンセルの確認が出るので、「はい」。

プロダクトキーの入力

メモっておいたプロダクトキーを入力

「手動でアップデート」で最新に

ウイルスバスターアイコン右クリックで「手動でアップデート」を選択し、バージョン10の最新状態にする。

 

以上で、対応しました。

トレンドマイクロのサポートによれば、今回のエラー発生原因など現在調査中とのことで、Windowsのどのバージョンとか特定できないそうです。

取り急ぎ報告まで。

後ほど画像等を掲載します。今回は文章だけでごめんなさい。

とりあえず、ウイルスバスターのバージョンアップは安定するまで待った方が良いと思います。

 

コメントは受け付けていません。