PayPal Here を導入 Part.1 / 事前調査

お客様とのクレジットカード決済をクレジットカード会社との契約無しに実現できるPayPal。

弊社でもPayPalビジネスアカウントでネット上でのクレジットカード決済を行っています。

決済手数料は、国内だったら 3.6% + 40円。

弊社のユーザー様にもお勧めしています。 ( PayPal 公式Web ⇒ http://www.paypal.jp/ )

 

そのPayPal で スマホやiPad でクレジットカードを直接読み取って、クレジットカード決済を行えるのが、

PayPal Here?? (詳しくは、http://www.paypal.jp/here/ でご確認ください)

カード決済手数料は、3.24%(以前より下がっています)

 

決済できるカード種類は、VISA、MasterCard、AmericanExpress です。

ちょっと待て!JCBが無いじゃないか!とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、既にJCBも利用可能になることが決定。

この4月から、ということになっていますが、本日時点ではまだのようです。

「 PayPal JCB 」でググれば、いっぱい出てくるので、そちらでご確認ください。

そこで、弊社ユーザー様へお勧めしているのに、PayPal Here を自分が使ってないと説明できないので、今回導入することにしました。

 

その導入過程をお伝えします。

 

まず、PayPal Here を利用するには、PayPalビジネスアカウントが必要です。

これはネットから簡単に申し込めます。弊社の場合は既にビジネスアカウントを所有しているので「こりゃ簡単だ」と思ったのですが、

そうそう簡単にはいきませんでした。

 

まず決済に利用できる端末は、iPhone ・ iPad とAndroid機なのですが、Android機については Softbankのものでなければなりません。

弊社は iPad(第三世代) WiFiモデル を所有しているので、早速PayPalに問い合わせ。

回答は、「WiFiモデルはサポート対象外」なので、導入不可。3GモデルだったならOKだそうです。

 

では、現在使用している docomo のガラケー(スマホではない、iモードの普通の携帯)を iPhone に機種変更すればいいのか?ということで質問。

回答、「docomo のiPhoneも使用できますが、その際はWebから ビジネスアカウントを新規で申し込む必要が有る。

 

ちょっと待ってください。ウチは法人で既にビジネスカウントを所有しています。そのアカウントはそのまま使えないの?

新規っていうことはビジネスアカウントを二つ持つことになるの?

回答、「Softbank 以外の端末を利用する場合はそうなる。その際登録するクレジットカードも既存のアカウントとは別のカードの登録が必要。」

「既存のビジネスアカウントを利用したいのであれば、Softbank の端末を入手してSoftbankショップで手続きをしてください。」

(言い方は、もっと優しくて丁寧でした。割愛して要旨だけをお伝えしているので、誤解しないでくださいね)

 

それもそのはずで、PayPal Japan という会社は 米PayPal と ソフトバンクの合弁会社なのです。

docomo や au で簡単に使えるようになったら いくらなんでも ソフトバンクとしてはちょっと・・・ということなのかもしれません。

事実、PayPal Here も最初は Softbank iPhone でなければ利用できなかったのです。

しかし、現在は docomo でも au でも可。ただし、ビジネスアカウントを新規登録って状況です。

 

PayPalビジネスアカウントを二つ持つっていうのが嫌です。

弊社は、docomo のガラケー と XIデータ通信端末を利用しています。(個人ではスマホですが)

そこで、ガラケー、データ通信の2台を、通話とデータ通信はテザリングにすることにして、iPhone 1台でまかなおう!

ということで、iPhone を入手することにしました。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。