岩手県沿岸R45南下 Part2

被災地を実際に目の当たりにして思ったことがいくつかあります。

まず、「百聞は一見にしかず。」です。

TV等の映像を見ても、その被害の広さなどはわかりません。

あの状況を目にしたら、「買占め」や「買いだめ」などをする気が起きるわけがありません。

陸前高田は、視界の全てがそうなんです。
海沿いだけではありません。
河口から河を遡って行くと、その河の周辺すべてがガレキの山です。

不謹慎ながら、この災害が日中だったのが不幸中の幸いだと思いました。
もし、就寝時間中に起きていたら、もっともっと、亡くなられた方が多かったのではないでしょうか。

洋野町から宮古に南下している途中、対向車線ですれ違う車の8割は自衛隊の車両でした。
自衛隊については、「軍隊だ」、とか言って、反対されている方も多いと思いますが、今回のような災害の時には、大変有難い存在だと思いました。

 

コメントは受け付けていません。